右利きのマクレーンは洋画好き

鑑賞した洋画の感想を載せてます。

『ウインド・リバー』(33本目)

f:id:mcclane:20200328154045j:plain

出演:ジェレミー・レナーグレアム・グリーン

約1年の片想いに終止符を打って絶望的な気分で観る初めての映画(真顔)

これまた今の気分に合ってる陰鬱な雰囲気…。まぁ「辛い過去は絶対消せないけど、それを受け入れて進むこともできる」っていう主人公の台詞は響いた。

勝手にミステリーだと思ってたんだけど、そういうわけでもなかった。

氷点下20度にもなるような町に生きる人々の物語。何の楽しみもないのに環境が厳しすぎて、生きる意味がわからなくなるらしい。

ダイ・ハード3』でマクレーンの同僚刑事を演じたグレアム・グリーンが出てるよ。

相変わらず狙撃に定評のあるジェレミー・レナー