右利きのマクレーンは洋画好き

鑑賞した洋画の感想を載せてます。

『容疑者、ホアキン・フェニックス』(16本目)

f:id:mcclane:20200215221800j:plain

出演:ホアキン・フェニックス

キャスト欄に「ブルース・ウィリス」の名前があったから楽しみにしてたのに、ホントに一瞬で残念…。

俳優として生きていくことに嫌気がさしたホアキン・フェニックスが、突如俳優業を引退してラッパーに転向するというモキュメンタリー。

この作品のために2年もの歳月をかけて周りを欺こうとしたのはすごいなぁと思うけど、そこまでして撮った作品がこれかぁ…。

2時間近くホアキンが不機嫌な様子を見せつけられるだけだから、正直めちゃくちゃ退屈で、2時間がありえないぐらい長かった。

ブルース・ウィリスジョン・トラボルタ、ケーシー・アフレック、ベン・スティラーナタリー・ポートマンモス・デフジャック・ニコルソン等々ハリウッドスターを拝めるところぐらいしか魅力がない…。