右利きのマクレーンは洋画好き

鑑賞した洋画の感想を載せてます。

『テンタクルズ』(35本目)

f:id:mcclane:20200404171603j:plain

出演:ジョン・ヒューストン

これは…つまらない…(直球)

怪物パニック映画でさ、人を襲う直接描写がないのはキッツいな…。ただでさえ直接描写ないのに、巨大ダコ自体もただのタコにしか見えないし、インパクトにも欠ける。

しかも、結局人間サイドが何もせず、シャチだけが頑張ってたのもなぁ。

中盤唐突に挟まれた静止画の演出も意図不明だし…。

「こいつは死ななそうだな」っていうキャラがどんどん死んでいくのは悪くなかったけど、そこだけかなぁ。

JAWS/ジョーズ』のヒットを受けて量産された動物パニックの一つらしいけど、ジョーズがいかに名作かというのを再認識するよね。