右利きのマクレーンは洋画好き

鑑賞した洋画の感想を載せてます。

『バッド・ウェイヴ』(36本目)

f:id:mcclane:20200405181639j:plain

出演:ブルース・ウィリスファムケ・ヤンセン

全裸でスケボー漕いだり、女装したりするブルース・ウィリスが拝めるだけで観る価値あり(笑)

近年のウィリスは端役ばっかりだから、今作みたいにがっつり主人公やってると嬉しくなるよね。いつも今作みたいにしっかり主人公やってほしいな…。

内容としては、ウィリス演じる探偵が、ひょんなことからトラブルに巻き込まれるっていうコメディ系。何となく『コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら』に似てると思ってたら、製作陣が同じだった(笑)

ウィリスの吹替が内田直哉っていうのもポイント高い。内田直哉ウィリスはシリアスなキャラが合うんだけど、今作みたいなコメディも意外とイケるんよなぁ。それこそコップ・アウトも内田直哉だった。

ファムケ・ヤンセンは美人だけど、さすがに年齢には勝てないね…。