マックレーンのひとりごと

日記代わり。実態は洋画のレビュー中心。

『さらば冬のかもめ』(2018-1-17)

f:id:mcclane:20180117152725j:image

 

タイトル:『さらば冬のかもめ

公開:1973年

監督:ハル・アシュビー

出演:ジャック・ニコルソン

        ランディ・クエイド

        オーティス・ヤング

 

f:id:mcclane:20180117153211j:image

 

ジャック・ニコルソン演じる水兵の主人公が、仲間(オーティス・ヤング、画像右)と共に、囚人(ランディ・クエイド、画像真ん中)を護送する様を描いたロードムービー

 

f:id:mcclane:20180117153431j:image

 

ジャック・ニコルソンがさすがの演技力を発揮してましたね。最初は護送の任務をただただ面倒くさがっていたのですが、護送する囚人があまりにも不憫(40ドル盗んだだけで懲役8年、おまけに純粋で世界知らず)なため、彼に人生における楽しみを教えてやろうと思い始めるわけです。

 

最初は仲間のマルホールも、「その辺にしとけよ」という感じで主人公を諫めるのですが、なんやかんや自分も酒や喧嘩を楽しみます(笑)

 

その囚人というのが本当に純朴で、これまで酒を飲んだこともなければ、誰かに腹を立てたこともないような人間なんですよねぇ。それが主人公に酒や喧嘩を教わることで、だんだん自信がついてきます。

 

f:id:mcclane:20180117154232j:image

 

ちなみにこの囚人役、最終選考に若かりし頃のジョン・トラボルタが残ったらしいです。まぁ、彼は若い頃からふてぶてしさが目立つので、今作の純粋なキャラクターは似合わなかったでしょうね(笑)

 

f:id:mcclane:20180117154357j:image

 

そして今作、『ロボコップ』シリーズで有名なナンシー・アレンのデビュー作だったりします。本当にちょい役ですけどね(笑)

 

水兵2人と囚人の奇妙な道中を描いた作品ですが、綺麗事でまとめない終わらせ方が印象的でしたね。観終わった後、何とも言えないような気分になりました。続編が計画されてるとかしないとかいう話を見ましたが、果たしてどうなるのでしょうか。

 

それでは、また。