右利きのマクレーンは洋画好き

鑑賞した洋画の感想を載せてます。

『キャノンボール』(14本目)

f:id:mcclane:20200209233605j:plain

出演:バート・レイノルズロジャー・ムーアジャッキー・チェン

終始ドタバタしてる感。エンディングのNG集がほっこりした。

ロジャー・ムーアが出てくるシーン、全部『007』シリーズのパロディーなの笑う。こういう元ネタ知ってると楽しめる小ネタ系好き。

ジャッキー・チェンが日本人役で出てるのがホント謎だった。ところどころ日本語喋ってるし…。

バート・レイノルズといえば『トランザム7000』のイメージで、何となくカーレースが似合うよね。

全体的にネタが空回りしてる感あったけど、それも含めてこの年代っていうところなのかなぁ。