マックレーンのひとりごと

日記代わり。実態は洋画のレビュー中心。

『カウントダウン・トゥ・デス』、『炎のメモリアル』(2018-2-19)

f:id:mcclane:20180219115150j:image

 

タイトル:『カウントダウン・トゥ・デ

                ス』

公開:2016年

監督:ジョン・ストックウェル

出演:ドルフ・ジグラー

        キャサリン・イザベル

         グレン・ジェイコブズ

 

プロレスラー、ドルフ・ジグラー主演のアクション。レスラーだけあって、アクションシーンの重量感はさすがでしたね。見ていて気持ちいいです。

 

ネタバレになるんではっきりとは言えないんですけど、ある意味斬新なストーリー展開も、これまでに見たことないようなもので良かったです。

 

f:id:mcclane:20180219115555j:image

 

ジグラー演じる主人公は、ザ・はみ出し者という感じの、やり方が危険すぎる警察官。

 

あまりにも暴力的な捜査の仕方をするため、上層部からは目をつけられまくってます。

 

最初はただの暴力刑事かと思ったんですが、彼がそのようになった経緯もきちんと明かされるので、その辺りも納得できました。

 

f:id:mcclane:20180219115857j:image

 

こちらは今作のヒロインであり、主人公の同僚を演じたキャサリン・イザベル。

 

彼女は規則を無視した捜査を行う主人公を、始めのうちこそ目の敵にするのですが、徐々に彼に協力していくようになります。彼女も、主人公に負けず劣らずの勝気な性格をしており、そこも魅力的でした。

 

f:id:mcclane:20180219120149j:image

 

こちらは主人公の上司を演じたグレン・ジェイコブズ。この風貌で大体察しがつきましたが、彼もプロレスラーみたいです。

 

f:id:mcclane:20180219120248j:image

 

スティーブ・オースティンもそうですけど、レスラーの人って、一定の演技力も備えているのがすごいですよね。

 

ラストシーンで、同じくプロレスラーで俳優としても活躍しているジョン・シナ(『ネバー・サレンダー 肉弾凶器』、『12ラウンド』は面白かったです)がカメオ出演してるみたいなレビューがあったんですが、よくわかりませんでした(笑)

 

アクション映画好きの僕としては、大満足の作品でした。

 

本日はもう1本鑑賞。

 

f:id:mcclane:20180219171418j:image

 

タイトル:『炎のメモリアル

公開:2004年

監督:ジェイ・ラッセ

出演:ホアキン・フェニックス

        ジョン・トラボルタ

        ロバート・パトリック

        モリス・チェスナット

 

語彙力がないので陳腐な表現しかできませんが、ただただ感動しました。

 

命懸けで職務を遂行する消防士たちの生き様を、彼らの家庭での様子も含めて描かれています。

 

f:id:mcclane:20180219171848j:image

 

今作の主人公は、ホアキン・フェニックス演じるジャック。彼って、1回観たら忘れられない強烈な顔してますよね(笑)

 

今作の構成は、現在進行形で火災現場での救助活動を行うジャックと、彼が新人時代から現在に至るまでの過程とを交互に描くというもの。

 

もうね、この構成が見事すぎました。最初はジャックの人物像が全く見えないんですが、彼の人となりが徐々にわかってくるにつれて、どんどん彼に感情移入するんですよね。

 

またその際、単に消防士としての成長っぷりを描くだけでなく、彼が家庭を持っていく様も同時に描かれるんですよ。これがたまらないですね…。

 

f:id:mcclane:20180219172448j:image

 

ジャックの上司役として、ジョン・トラボルタも出演。普段は部下たちとふざけ合っているような人物なのですが、部下たちが喧嘩を始めると途端に厳しく叱り、しっかりと統率するような良き上司です。

 

やっぱりトラボルタは名優ですよね。個人的に彼は悪役こそ似合うと思ってますが、善人の役もきっちりこなせるのがすごいですよね。ちなみに今作で彼を吹き替えたのは池田秀一でしたが、正直合ってなかったです(笑)

 

f:id:mcclane:20180219172956j:image

 

他にも、ジャックの同僚役でロバート・パトリック、モリス・チェスナットも出演。この配役もまた渋くていいですね。

 

f:id:mcclane:20180219173055j:image

 

どれだけふざけ合っていたとしても、火災を知らせるベルが鳴ったその瞬間、即座に仕事モードに入る消防士達が、プロフェッショナルという感じでかっこよかったですね。

 

消防士を描いた作品としては、『バックドラフト』のほうが有名だとは思いますが、今作はそれに負けず劣らずの名作だと思います。

 

それでは、また。