マックレーンのひとりごと

日記代わり。実態は洋画のレビュー中心。

『エージェント・ハミルトン 〜ベイルート救出大作戦〜』(2018-1-30)

f:id:mcclane:20180130173413j:image

 

タイトル:『エージェント・ハミルトン 

               〜ベイルート救出大作戦〜』

公開:2012年

監督:トビアス・ファルク

出演:ミカエル・パーシュブラント

        サバ・ムバラク

 

先日観た『エージェント・ハミルトン 祖国を愛した男』の続編。主演も前作と同じくミカエル・パーシュブラント。

 

どうでもいいことなんですけど、今作の邦題、「〜ベイルート救出大作戦〜」ってなってるのと「〜ベイルート救出作戦〜」ってなってるやつがあるんですが、どっちが正しいんですかね。「大作戦」だとコメディっぽいですが、Filmarksさんに依拠して本ブログではそちらを採用しました。コメディ要素は皆無の作品ですけどね(笑)

 

f:id:mcclane:20180130174256j:image

 

う〜ん、やっぱり主人公がキーファー・サザーランドに見えて仕方ないですね(笑)

 

今作での主人公は、誘拐された名づけ娘を助け出すために奮闘します。相変わらずいかなるときもクールで、ベテランの貫禄を醸し出してましたね。

 

今作は話の中にイスラム教徒が出てくるんですけど、宗教って何なんですかね。各自が自分の心の拠り所にすがるのは自由だと思うんですけど、それを他人に強制したり、あろうことかそれで暴力に訴えるなんて、神も絶対望んでないと思うんですよねぇ。なんというか、人間って愚かだなぁと感じました。

 

f:id:mcclane:20180130175053j:image

 

こちらは拷問を受ける主人公。さすがは優秀なエージェント、なんと20時間の水攻めにも耐え抜いたみたいです。

 

前半は若干退屈だったんですけど、潜入作戦を開始した後半は見応えがありましたね。やはり気配を消して1人ずつ敵を倒していく様はかっこいい…

 

ちなみにこのシリーズ、原作(?)は3部作らしいですが、映像化されたのは今作までみたいですね。いつか3作目を目にするときも来るのでしょうか。

 

それでは。