マックレーンのひとりごと

日記代わり。実態は洋画のレビュー中心。

『超高層プロフェッショナル』(2018-1-18)

f:id:mcclane:20180118171339j:image

 

タイトル:『超高層プロフェッショナ

                ル』

公開:1979年

監督:スティーヴ・カーヴァー

出演:リー・メジャース

        ジェニファー・オニール

 

腕利きの作業員たちが、3週間で9階分のフロアを完成させようと奮闘する話…ざっくり言うとそんな感じです(笑)

 

f:id:mcclane:20180118171727j:image

 

こちらが主人公を演じたリー・メジャース。劇中では現場監督という役柄で、チームのリーダー的存在でしたが、製作総指揮としてこの作品自体の監督も務めました。

 

今作でもまさにそのシーンがあったのですが、いわゆるリーダー的存在が、各地を巡って腕利きの精鋭を揃えていく過程って最高ですよね。『アルマゲドン』や『七人の侍』とかもめちゃくちゃテンション上がります(笑)

 

この主人公、過去のトラウマで高所が苦手であり、そのことでメンバーと一悶着起こすんですよね。彼がそのトラウマにどう立ち向かっていくかということも、今作の魅力の一つだと思います。

 

f:id:mcclane:20180118172543j:image

 

前述の腕利きの仲間たちももちろん魅力なんですが、個人的に今作はホラー映画だと言っても過言ではないような気がします。というのも、タイトル通り「超高層」で作業する作業員たちの視点が頻繁に映るのですが、まぁ見てるだけで足がすくむような気がします。足元に目線がいったときは、もうそれはそれは恐ろしいです(笑)しかも、なんと命綱なしで作業してるんですよ。今では考えられないですね。

 

ちなみに今作、スタントを務めていた方が実際に撮影中の事故で亡くなったそうです。改めてご冥福をお祈りします。

 

それでは。