マックレーンのひとりごと

日記代わり。実態は洋画のレビュー中心。

『モネ・ゲーム』(2018-1-16)

f:id:mcclane:20180116115455j:image

 

タイトル:『モネ・ゲーム

公開:2012年

監督:マイケル・ホフマン

出演:コリン・ファース

        キャメロン・ディアス

        アラン・リックマン

 

コリン・ファース主演で送るクライムコメディ。彼といえば『キングスマン』等の影響で紳士のイメージが強いですが、今作は結構ドジな役で(物腰は紳士ですが)、新鮮で面白かったです。

 

キャメロン・ディアスアラン・リックマンの2人も存分に魅力を発揮しており、鮮やかな展開もあったので見応え十分でした。

 

f:id:mcclane:20180116120033j:image

 

こちらはコリン・ファース演じる主人公。余談ですが役名が「ハリー・ディーン」なので、あの『エイリアン』で有名な俳優ハリー・ディーン・スタントンと名前が被ってますね(笑)

 

この主人公、絵画の鑑定士として富豪のライオネルに仕えているのですが、彼に恨みを抱いており、何とかして彼に復讐をしようと企みます。

 

彼、絵画を見る目は本物なんですが、結構なドジキャラで、随所でクスッと笑える行動を起こしてくれます。しかも真顔でやらかすので、かなりシュールです(笑)

 

f:id:mcclane:20180116120622j:image

 

ひょんなことから主人公、ライオネルと深く関わることになるキャラを演じたキャメロン・ディアス

 

彼女はいくつになっても、サバサバしていて豪快なキャラが似合いますね。いわゆるおてんば娘っていう感じでしょうか。どちらかというと神経質そうな主人公との対比が面白かったです。

 

f:id:mcclane:20180116120853j:image

 

こちらは富豪のライオネルを演じたアラン・リックマン。つい先日、彼が亡くなって2年が経ったんですよね…。時の流れは恐ろしいです。

 

主人公が恨みを持つだけあって、ザ・嫌味な金持ちっていう感じです。しかもヌーディスト(笑)でも、どこか憎めないのは、アランの人柄の良さでしょうね。

 

映画デビューの『ダイ・ハード』で強烈な悪役ハンス・グルーバーを演じただけあり、ヒールのこなし方もお手の物といったところでしょうか。本当に惜しい人を亡くしました。

 

コリン・ファースキャメロン・ディアスアラン・リックマンという豪華キャストながら、それぞれの魅力が最大限でるように配慮されていて、良かったと思います。クライム系ならではの鮮やかさもあり、満足できる作品でしたね。

 

では、また。