マックレーンのひとりごと

日記代わり。実態は洋画のレビュー中心。

『サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶』(2018-1-15)

f:id:mcclane:20180115172317j:image

 

タイトル:『サスペクツ・ダイアリー す

                り替えられた記憶』

公開:2015年

監督:パメラ・ロマノスキー

出演:ジェームズ・フランコ

        エド・ハリス

        クリスチャン・スレーター

 

「原題も邦題も思いっきりネタバレしてるっぽいけど大丈夫か…」と思いながら観てたんですけど、そこまでネタバレでもなかったですし、何なら想定してた内容とちょっと違いました。

 

何というか、すべてが曖昧っていう感じでしたねぇ。結局何を一番伝えたかったのかがよくわかりませんでした。

 

f:id:mcclane:20180115172735j:image

 

ジェームズ・フランコ演じる主人公は、幼い頃に父親から虐待を受けた記憶があり、そのせいで現在も苦しんでいます。職業は作家です。

 

バッサリ切っちゃうと、この主人公、ただのメンヘラなんですよね。しかも、特殊性癖持ちっていう面倒くさいタイプです(笑)

 

すべては過去の虐待のせいみたいな形になってるんですが、正直感情移入はしにくいですね。これは主人公の周りの人物も言ってることですが。

 

ただ、ジェームズ・フランコの落ちぶれっぷりは見応え十分です(笑)

 

f:id:mcclane:20180115173532j:image

 

ネットで画像漁ってたら、こんな画像が出てきて笑いました。確かに、このシーンありましたけど(笑)

 

こちらは、エド・ハリスです。息子と上手くコミュニケーションを取れない父親役を、巧みに演じていました。

 

f:id:mcclane:20180115175840j:image

 

「妻を殺した疑いのある容疑者」として、クリスチャン・スレーターも出演。

 

関係ないですけど、スレーターって童顔なのに、声は割とハスキーですよね(笑)

 

スレーター演じるキャラクターの必要性が、最後までよくわかりませんでしたね。別になくてもいいんじゃないかなぁ〜っていうレベルでした、個人的には。

 

冒頭でも書きましたが、すべてにおいて曖昧な印象を受ける作品でしたね。息子と父親の関係・主人公と恋人のラブストーリー・消えた妻を巡るミステリーのうち、どれか一つに絞れば良かったのではないかと思います。

 

ジェームズ・フランコエド・ハリスクリスチャン・スレーターという豪華キャストが揃った作品にしては、ちょっともったいない出来かなぁという印象でした。

 

それでは、また。