マックレーンのひとりごと

日記代わり。実態は洋画のレビュー中心。

『バーニング・クロス』(2018-1-11)

f:id:mcclane:20180111171704j:image

 

タイトル:『バーニング・クロス』

公開:2012年

監督:ロブ・コーエン

出演:タイラー・ペリー

        エドワード・バーンズ

        マシュー・フォックス

        ジャン・レノ

 

連続殺人犯と警察官の攻防を描いた作品。Filmarksの評価は低かったんですけど、個人的には楽しめました。

 

f:id:mcclane:20180111172323j:image

 

こちらは主人公を演じたタイラー・ペリー。心理分析を得意としており、犯罪捜査にそれを役立てています。今作の評価が低かった主な要因は、彼が心理分析に明るいという設定なのに、それが劇中でほとんど活かされていなかったという部分にあるのかなぁと思います。確かに、奥さんに自分の能力をひけらかしていたシーン以外は、大して分析官っぽい捜査はしてなかったかなぁという印象です。でも、後述の殺人犯が魅力的な人物だったので、そこはあまり気になりませんでした。ちなみに彼を見てるとき、「どことなくイドリス・エルバっぽいなぁ」とか思ってたんですが、何と元々は彼がキャスティングされていたらしいです(笑)

 

f:id:mcclane:20180111173426j:image

 

こちらは主人公の警察官仲間で、同時に親友でもある人物を演じたエドワード・バーンズ。彼、トム・クルーズジョン・ハートを足して2で割ったような顔してません?彼が映るたびに、ずっとそんなこと考えてました(笑)

 

f:id:mcclane:20180111173638j:image

 

こちらは殺人犯を演じたマシュー・フォックス。殺人犯といってもただの殺人犯ではなく、猟奇的殺人犯です。主人公への煽り方が最高に苛つかせるものであったり、容赦なく人を殺していったりするので、今作における魅力的な人物の1人です。この殺人犯が中途半端なキャラクターなら、今作は楽しめなかったと思います。

 

f:id:mcclane:20180111174150j:image

 

こちらはジャン・レノ。なんかやたら丸々としてました。あの仮装をしなくても、ドラえもんに見える不思議(笑)

 

前述の猟奇的殺人犯がなかなかに個性的なキャラクターだったので、評価の割には楽しめました。主人公も、変な流され方をせず、自分が決めたことは何が何でもやり遂げるという意思を持っており、その点も魅力でしたね。

 

では、また。