マックレーンのひとりごと

日記代わり。実態は洋画のレビュー中心。

『チェンジリング』(2018-1-3)

f:id:mcclane:20180103171444j:image

 

タイトル:『チェンジリング

公開:2008年

監督:クリント・イーストウッド

出演:アンジェリーナ・ジョリー

        ジョン・マルコヴィッチ

        ジェフリー・ドノヴァン

 

実話に基づいた物語みたいですが、実にイーストウッドが好きそうな話でした。今作の彼は監督に専念して、出演はしていないのですが、撮るほうもさすがですよね。2時間超えの作品ですが、飽きずに観ることができました。

 

f:id:mcclane:20180103171932j:image

 

舞台は1928年のアメリカです。女手一つで息子を育てる主人公(しかも働きながら)が仕事から帰ってくると、家で留守番をしていたはずの息子が忽然と姿を消していました。数日後、警察から「息子が帰ってきた」と言われたので会いに行くと、何と別人だったのです。彼女がいくらそのことを主張しても、警察はそのことを認めないのです…

 

アンジェリーナ・ジョリーはさすがの演技力でしたね。吹替の湯屋敦子も左に同じです。息子を突然失って疲弊する様、果敢にも警察に立ち向かう様などを完璧に演じていました。

 

f:id:mcclane:20180103172600j:image

 

こちらは刑事役のジェフリー・ドノヴァン。幾度も主人公と対立します。精悍な顔つきと紳士的な態度で登場しますが、そう思ったのは一瞬だけでした(笑)吹替の内田直哉はやはり素晴らしい声ですね。

 

f:id:mcclane:20180103172858j:image

 

ジョン・マルコヴィッチも出演。彼が出演することで、作品が締まりますよね。

ブルース・ウィリスと共演した『RED』ではお茶目なキャラを演じていましたが、今作はどこかつかみどころのないキャラを演じていました。それもよく似合うあたり、さすがですね。

 

f:id:mcclane:20180103173228j:image

 

ジェフ・ピアソンという方も出演しているんですが、この方ケビン・コスナーに似てません?最初一瞬だけ勘違いしちゃいました(笑)

 

実話を元にした話なので、内容についてどうこう言うことはできないですが、ミステリーを期待して観るとちょっと肩透かしを食らうかな?という印象を受けました。まぁ繰り返しですが実話を元にしているので、こればっかりはどうしようもないですけどね。全体的には楽しめました。