マックレーンのひとりごと

日記代わり。実態は洋画のレビュー中心。

『クリスティーン』(2018-2-27)

f:id:mcclane:20180227153523j:image

 

タイトル:『クリスティーン』

公開:1983年

監督:ジョン・カーペンター

出演:キース・ゴードン

        ジョン・ストックウェル

        ハリー・ディーン・スタントン

 

スティーブン・キング原作、ジョン・カーペンター監督の作品。ひとことでこの映画を表すなら、「車版ターミネーター」ですね(笑)

 

f:id:mcclane:20180227153817j:image

 

今作の主人公は、この赤い車「クリスティーン」。どういう経緯でそうなったのかはわかりませんが、この車に関わった人に不幸をもたらす呪いの車ということになっています。

 

f:id:mcclane:20180227154116j:image

 

口先では強がるが、いざ詰め寄られると途端にナヨナヨするイキリオタクみたいな青年アーニーが、街中でふと前述のクリスティーンを見つけたことから、すべてが始まります。

 

クリスティーンにのめり込んでいくうちに、徐々に変貌していく様がなかなか不気味でした。最初は彼女もできていい感じだったのにね…

 

f:id:mcclane:20180227154438j:image

 

こちらはアーニーの親友デニスを演じたジョン・ストックウェル。いわゆるリア充で、クラス内でもイケてるグループに所属してるのに、アーニーのことも気にかけるめっちゃいい奴です。本当にいい奴です。

 

このジョン・ストックウェル、俳優としてだけではなく監督としても活躍していて、この前観た『カウントダウン・トゥ・デス』の監督も務めていて驚きました。

 

f:id:mcclane:20180227155108j:image

 

この作品観る前にキャストを調べてたら「ハリー・ディーン・スタントン」の名前があったので、それも楽しみにして観始めたんですよね。

 

そしたら、途中で髭面のおじいちゃんが出てきて、「あれ?これがスタントンなんかな。でも明らかに顔が違うよなぁ。いや、特殊メイクと髭のせいで人相が変わってるだけか…」って悶々としながら続き観てたら、後ほどがっつり刑事役で出てきて、「やっぱ違うやんけ!」ってなりました(笑)

 

f:id:mcclane:20180227155703j:image

 

何回も言ってますが、超常現象が起こる作品はあまり好きではないので、全体的な感想はイマイチでしたね。アーニーが変貌していく様は魅力的でしたが…

 

せめて、クリスティーンがどういう経緯で呪われた車になったのかを描いてほしかったです。

 

では、また。

『ソードフィッシュ』(2018-2-26)

f:id:mcclane:20180226162458j:image

 

タイトル:『ソードフィッシュ

公開:2001年

監督:ドミニク・セナ

出演:ヒュー・ジャックマン

        ジョン・トラボルタ        

        ハル・ベリー

        ドン・チードル

        ヴィニー・ジョーンズ

 

ジョン・トラボルタがカリスマ性溢れるキャラクター、しかも映画オタクという彼のために用意されたような人物を演じた作品。

 

冒頭でいきなりアル・パチーノの作品に対して持論を展開するんですけど、いかにもトラボルタが言いそうなことでした。終盤では『続・激突!』についても感想を述べていましたが、この作品に触れた映画なんて今作ぐらいではないでしょうが(笑)

 

とまぁトラボルタのキャラクターは文句なしでしたが、結末に関してはちょっと「?」という感じでした。これは僕の理解力がないということも多分にあると思い、観終わった後様々な解説を読んで一応理解はしたんですけど、それでもどこか消化不良でしたね。

 

どんでん返しで観客を驚かせようとしたにしては、ちょっと弱いのでは?しかも中盤でちょっとしたネタバレ挟んでるし…せっかくトラボルタが魅力全開のキャラを演じているので、いっそのことアクションに全振りした作品にしても良かったのではないかと個人的に思います。

 

f:id:mcclane:20180226163419j:image

 

今作の主人公はヒュー・ジャックマン演じる天才ハッカー。彼が天才ハッカーというのも、ちょっと似合わないような気がしました(笑)

 

吹き替えは安定の山路和弘で、なんならトラボルタも山路和弘に吹き替えてほしかったです(今作でトラボルタを吹き替えたのは村山明)。

 

f:id:mcclane:20180226163805j:image

 

トラボルタの女として、ハル・ベリーも出演。自信満々な強い女性というイメージと違わぬ役柄を熱演。

 

f:id:mcclane:20180226163920j:image

 

f:id:mcclane:20180226163929j:image

 

他にもドン・チードルヴィニー・ジョーンズらが出演しており、なかなかの豪華キャスト。

 

ストーリーとしては、天才ハッカーの主人公が、半ば強制的にトラボルタが計画した銀行強盗に付き合わされることになるのだが…というもの。

 

ジャックマンにハッカー役が似合っていないということ、どんでん返し系にしてはオチが微妙、ジャックマンには娘がいることなどを踏まえて、いっそのことアクションオンリー(トラボルタが娘を人質にとり、ジャックマンに強盗の手伝いをさせる。ジャックマンは元特殊部隊所属の腕利きという設定)にしたほうがよかったんじゃないだろうか…なんてことも思いました。

 

では、また。

『チャイナタウン』(2018-2-25)

f:id:mcclane:20180225181509j:image

 

タイトル:『チャイナタウン』

公開:1974年

監督:ロマン・ポランスキー

出演:ジャック・ニコルソン

        フェイ・ダナウェイ

        バート・ヤング

 

やっぱり重苦しい作品は苦手なんだなぁということを再確認しました(笑)

 

いや、シリアス系が嫌いとかいうわけではないんですよ?ただ、終始重苦しさしかなくて、そのうえ胸糞悪い終わり方されたらもうね…

 

途中までは純粋にミステリーとして楽しめてたんですけど、最後のほうの展開が、個人的に受け付けなかったです。

 

f:id:mcclane:20180225182013j:image

 

探偵を稼業にしている主人公を演じたのは名優ジャック・ニコルソン

 

身なりに気を遣い、ちょっと靴が濡れたら「いい靴が台無しだ」なんて言うようなちょっと気障な奴です。

 

いや〜、さすがはジャック・ニコルソンといった感じでしたね。彼が主人公じゃなかったら、途中で観るの諦めてたかもしれません(笑)

 

f:id:mcclane:20180225182246j:image

 

こちらはフェイ・ダナウェイ。劇中では夫を亡くした未亡人として登場するのですが、彼女ってまるで未亡人の代名詞みたいな雰囲気ありますよね。陰のある佇まいが、最高に似合ってます。

 

劇中では謎多き女性という描かれ方をしていて、再三主人公が「本当のことを話せ」と迫るのですが、その度に情報を小出しにしかしないので、その辺りは少しイラッとしました。

 

f:id:mcclane:20180225182534j:image

 

『ロッキー』シリーズでおなじみのバート・ヤングも、ちょい役ですが出演しています。

 

f:id:mcclane:20180225182608j:image

 

いわゆるフィルム・ノワールとして今作はかなり評価が高いみたいですが、個人的にはイマイチでしたねぇ。

 

こういうの観てると、派手なドンパチにハッピーエンドの作品が無性に観たくなります(笑)

 

それでは、また。

 

 

『クライムダウン』(2018-2-24)

f:id:mcclane:20180224164205j:image

 

タイトル:『クライムダウン』

公開:2011年

監督:ジュリアン・ギルビー

出演:メリッサ・ジョー

        エド・スペリーアス

 

まず、ジャケ絵は冬の雪山っぽいですが、実際は雪山ではありません。山が舞台になっているのはその通りなので、詐欺とまではいかないですけどね(笑)

 

前半は山、後半は街中へと舞台が展開していくサスペンスアクションでした。ちょっと謎な部分はありましたが、舞台を変える展開は飽きなくて良かったです。

 

f:id:mcclane:20180224164633j:image

 

主人公は画像右の女性。仲間4人と登山を楽しんでいたのですが、ひょんなことから監禁された少女を発見し、彼女を助けるために下山を試みるのですが…というのが大まかなストーリー。

 

序盤は主人公っぽくないのですが、途中から主人公としての描写が際立っていくので、『エイリアン』スタイルですかね(なんだそれ)。『エイリアン』でも、序盤の主人公はダラス船長という感じでしたし(笑)

 

彼女は主人公なので勇気ある行動や発言を繰り返すのですが、終盤では逆に仲間に諭される場面があり、その辺りは人間味があって良かったですね。完全無欠なヒーローっていうのは、あまりにも浮世離れしすぎてますから。

 

f:id:mcclane:20180224165229j:image

 

その彼女を諭した人物というのが、登山仲間のエドです。彼、序盤ではものすごく頼りなく描かれてるんですよねぇ。そんな彼が、危機的状況になると頭の良さを発揮し、勇敢な人物に変わっていくのが良かったです。これは『エイリアン2』のハドソンスタイルですね(だからどうでもいい)

 

f:id:mcclane:20180224165603j:image

 

最初はパニック系かなぁと思っていたんですが、前述の監禁された少女が見つかった瞬間、一気にサスペンスアクションに様変わりしましたね。

 

「積極的に少女を助けたことは、本当に少女のためになったのか。放っておいたほうが結果的には少女のためになったのではないか」というような、倫理学的な提起にも触れられているので(軽くですが)、ちょっと考えさせられたりもしました。

 

f:id:mcclane:20180224165922j:image

 

あと、とある登場人物が劇中で命を落とすのですが、その描写があまりにもあっけなくて、逆にリアリティがありましたね。

 

映画で主要人物が死ぬときって、大抵は予兆や死ぬ際の演出とかがあるじゃないですか。今作のとある人物が死ぬ場面では、そのようなものが一切なかったので、「人が実際に死ぬときは、こんな風にあっけないものなんだろうなぁ」と思ったりもしました。

 

冒頭でチラッと書いた通り、若干謎というか説明不足な箇所があるようには感じましたが、全体的にはかなり楽しめた作品でした。

 

では、また。

『エスター』(2018-2-22)

f:id:mcclane:20180222171737j:image

 

タイトル:『エスター

公開:2009年

監督:ジャウム・コレット=セラ

出演:ヴェラ・ファーミガ

        イザベル・ファーマン

        CCH・パウンダー

 

ホラーが苦手なのでずっと敬遠していた作品なのですが、友人に「ホラーというよりサスペンスだよ」とオススメされたので、満を辞して鑑賞しました。

 

いや、エスターを演じたイザベル・ファーマンに脱帽です。ホント怖い。

 

f:id:mcclane:20180222172144j:image

 

主人公は、ヴェラ・ファーミガ演じるケイト。夫と子ども2人という幸せな家庭を築いているのですが、3人目の子どもを死産で亡くすという過去も持っています。

 

「3人目の子どもに注ぐはずだった愛情を、親を必要としている子どもに与えたい」という想いをずっと抱いているケイトは、夫と共に孤児院を訪れ、そこで気になった1人を養子として迎える決意をします。その1人こそ…

 

f:id:mcclane:20180222172718j:image

 

我らが(?)エスターです。周りの孤児達の輪に入らず1人で絵を描いているような変わり者でしたが、ハキハキとした喋り方と屈託のない笑顔をケイト夫妻は気に入り、エスターは家族の一員となります。

 

f:id:mcclane:20180222173308j:image

 

初めのうちこそケイトの娘(エスターからすると妹ということになる)と仲良く遊ぶなど、ケイト一家に馴染んでいくエスターでしたが、そんな彼女のおかしな点にケイトが気づき始め…

 

f:id:mcclane:20180222173745j:image

 

(以下、少々ネタバレします。核心的なことは言いませんが、それも見たくないという人は、ここより先は読まないでください)

 

個人的にオカルトや心霊の話が好きではないので、そういった類のオチではなかったところは、まず良かったと思います(まぁ、そこまで心霊系だと思わせようというミスリードはなかったように感じましたが)。

 

ただ、他の方もレビューで言ってたんですけど、いわゆるオチがアンフェアに思えるんですよねぇ。観客が知りようもないことを出してくるのはちょっと違うかなぁと感じました。『シックス・センス』なんかは、観客が結末を観る前に自力で真実に辿り着くことができると思うんですよ。でも、今作はそれができないのではないかと思いました。「アンフェア」っていうのはそういう意味です。

 

前述の通り、オチに関してはちょっと疑問がありましたが、冒頭でも述べた通りエスターを演じたイザベル・ファーマンの演技はめちゃくちゃ魅力的です。オチ云々以前に、彼女の演技だけでこの作品はお腹いっぱいのような気もします(笑)

 

では、また。

 

 

『ジオストーム』(2018-2-21)

ひょんなことから、急遽『ジオストーム』を劇場で観てきました。

 

f:id:mcclane:20180221164648j:image

 

タイトル:『ジオストーム

公開:2017年

監督:ディーン・デヴリン

出演:ジェラルド・バトラー

        エド・ハリス

        アンディ・ガルシア

 

「彼氏も凍った」とかいうあのCMのせいで、てっきり超B級のパニック映画だと思ってましたが…全くそんなことはありませんでした。

 

ちょっとあのCM酷すぎましたね。考えた人、本編を人が凍っていくシーン以外を一切観ずに宣伝を考えたのでしょうか。

 

実際のところは、異常気象の迫力ある描写・家族愛・陰謀・アクションのすべてが詰まった娯楽大作でした。

 

f:id:mcclane:20180221165149j:image

 

異常気象による災害が多発した2019年、18もの国が共同で「ダッチボーイ」と呼ばれるシステムを開発します。これは、気象をコントロールするための衛星システムで、これにより地球環境は適切に管理されるようになりました。

 

このシステムの責任者こそがジェラルド・バトラー演じる主人公なのですが、仕事のやり方に強引なところがあり、責任者としの立場から降ろされてしまいます。彼を降ろして後任になった人物は、他ならぬ彼の弟マックスでした。そして月日は流れ…

 

f:id:mcclane:20180221170237j:image

 

前述のマックス(画像左)も決して悪い人物ではなく、むしろ自身の職務に忠実であり、同時に柔軟な思考力も併せもっています。

 

今作のメインテーマは家族愛だと個人的に感じ、主人公とマックスという兄弟が、いかにして絆を取り戻していくかというのが丁寧に描かれていました。

 

家族愛を中心に災害を描くだけでも十分一つの作品になりそうなものですが、今作は陰謀という要素も盛り込まれていたので、さらに楽しむことができました。

 

f:id:mcclane:20180221170838j:image

 

アンディ・ガルシアが出ている時点で、単なるパニック映画ではないことに気づくべきでしたね。本当に日本の洋画宣伝のレベルの低さには呆れました。あのCMのせいで今作を観るのを諦めた人が何人いるかと思うと、憤りを覚えるレベルです。

 

f:id:mcclane:20180221171041j:image

 

主人公が徐々に真実に迫っていく過程を、観客側も一緒に追っていけるのが良かったですね。特に置いてけぼりにされるというようなこともないですし。

 

なんとなくですが、『アルマゲドン』が好きな人は、この作品も楽しめるんじゃないかと思いました(笑)

 

地域によってはまだ公開しているところもあると思うので、あのCMのことは全部忘れて、騙されたと思って一度観に行くことを強くオススメします。

 

では、また。

『キリングゲーム』、『世界にひとつのプレイブック』(2018-2-20)

f:id:mcclane:20180220133547j:image

 

タイトル:『キリングゲーム』

公開:2013年

監督:マーク・スティーブン・ジョンソ

        ン

出演:ロバート・デ・ニーロ

        ジョン・トラボルタ

 

デ・ニーロとトラボルタという名優2人が初共演した作品。ストーリーはとりあえず置いておいて、この2人の演技が堪能できるだけでも個人的には見応えがあると思います。

 

f:id:mcclane:20180220133854j:image

 

トラボルタはやっぱりさすがですよね。序盤でデ・ニーロと歓談するシーンがあるんですけど、和やかに喋っているわりには目が全く笑ってなくて、何を考えているのかわからないのが心底不気味でした。

 

坊主頭に髭面という、これまでのトラボルタのイメージとは違う風貌も、不気味さを感じさせる要因でしょうね。

 

今作でトラボルタの吹き替えを担当したのは東地宏樹さんでした。個人的に、彼の声はトラボルタには合ってないとは思いましたが、前述の不気味さを出すという点に関しては合っていたと思います。

 

f:id:mcclane:20180220134351j:image

 

デ・ニーロも安定ですよねぇ。今作のデ・ニーロは、弱気から強気への転換が見事すぎました。

 

序盤こそ、完全に弱り切った老人という感じなんですが、スイッチが入った瞬間に豹変します。本当に恐ろしいです(笑)

 

f:id:mcclane:20180220135001j:image

 

ストーリーに関しては、「中身がない」というレビューが多く、まぁそれに関しては否めないかなぁという感じです。

 

ただ、前述の通り二大巨頭の共演が楽しめるので、個人的にはそれだけでいいのではないかと思いました(笑)

 

ストーリーにほんの少し捻りがあったり、あるいは一貫した核のようなものがあれば、この作品の評価も変わっていたかもしれませんね。

 

今日はもう1作鑑賞しました。

 

f:id:mcclane:20180220173506j:image

 

タイトル:『世界にひとつのプレイブッ

               ク』

公開:2012年

監督:デヴィッド・O・ラッセル

出演:ブラッドリー・クーパー

        ジェニファー・ローレンス

        ロバート・デ・ニーロ

        クリス・タッカー

        ジュリア・スタイルズ        

 

精神の病を持ちながらも、普通の暮らしをしようと奮闘する主人公を、ブラッドリー・クーパーが熱演。

 

う〜ん、恋愛絡みのヒューマンドラマは合いませんでした。こういうのが苦手で…

 

病気や差別を主題にする作品が苦手なんですよね。なんか、「そりゃいい話になるだろ」って思ってしまって。

 

f:id:mcclane:20180220174131j:image

 

しかし、ブラッドリー・クーパーはほんとイケメンですねぇ。イケメンは例え坊主のような髪型でも変わらずかっこいいことがわかりました(笑)

 

精神病を持つ主人公ということで、演じるうえで難しい部分はあったと思いますが、見事にこなしてましたね。

 

f:id:mcclane:20180220174322j:image

 

先ほど観た『キリングゲーム』に引き続き、ロバート・デ・ニーロも出演。主人公の父親を演じていました。

 

いわゆる普通の生活ができない息子を持つ苦悩を、巧みに表現していました。

 

f:id:mcclane:20180220174515j:image

 

出番こそそこまで多くありませんでしたが、クリス・タッカーが出ているのは嬉しかったですね。

 

彼といえば『ラッシュアワー』シリーズのイメージが強いですが、今作ではそこまでやかましいキャラクターではありませんでした(笑)

 

f:id:mcclane:20180220174637j:image

 

心の病を持つ人たちの衝突や成長を描いている今作。前述の通り、いい話にしかなりようがなくないですか?その点が苦手というか、嫌いなんですよね。感動ポルノのような印象も受けますし…

 

では、また。